終末のワルキューレ人間の概要まとめ

未分類

今回は人間側のキャラがどんな人で、何をした人なのかまとめたいと思います。

アダム

創造主ヤハウェ・エロヒムによって創られた最初の人間

アダムという名前はヘブライ語で「地面」を意味するアダーマーの男性系。ほかにも「人間」という意味をもつ。

神は地面の土を使って人間を作った」と説明がありつまり、地面から創られたためこう呼ばれるようになった。

アダムはエデンの園を耕し守るために置かれた男とされている。

有名なのは園の木全てからとって食べてもいいけど、良し悪しの知識の木から食べてはいけない。それを食べると死ぬと言われた。その後エロヒムはアダムの肋骨から女を作り彼を助ける妻とした

アダムは良し悪しの木からとった実を妻から与えられ食べると、目が開かれ裸であることを知った。そこで彼らはイチジクの葉を腰に縫い合わせた。しかし、それをしられ、アダムは土に還るまで顔に汗として茨とあざみの中でパンを食べるよに命じられ、永遠に生きられないようにエデンの園に追放された。

ちなみにエロヒムが「あの実食べたんか?」と尋ねた時アダムはイヴだけ食べたと答えた。これが最初の罪である。

呂布奉先

呂布は腕力が常人より高く、弓術、馬術にも秀でていた。前漢の李広にならい飛将とよばれた。

人中に呂布あり、馬中に赤兎あり」と称された。

呂布は最後命乞いをして助けを求めたが願わず処刑されたという。

いろいろな評価があるが、「呂布は壮大で、敵はいない」といわれたり、「トラのように強いが、英略を持たず、裏切りを繰り返し、利益だけが眼中にあった」と言われたりといろいろな評価がある。

しかし無類の強さを誇っていたのは、まぎれの無い事実でしょう

佐々木小次郎

安土桃山時代から江戸時代初期の剣客。剣豪として岩流を名乗った。

出身は現在の福岡県田川郡添田町。

秘剣「燕返し」は福井にある一乗滝で身につけたと言われている。

巌流島の決闘宮本武蔵との決闘で武蔵がわざと遅れたと言われているが「武公伝」に材を採った吉川の創作らしい。

「岩流」は「三尺の白刃」を手に決闘を挑み、武蔵が「木刀の一撃」で倒したとある。この時「両雄同時に相会し」と書かれており、武蔵は遅刻していない。

そもそも決闘の理由がお互いの弟子がどっちがすごいか優劣をつけようとして始まったらしい。

ジャック・ザ・リッパー

切り裂きジャック。イギリスで発生した連続猟奇殺人事件の犯人。世界で最も有名な未解決事件。犯罪学の象徴として、文学、演劇、オペラ等現代に至るまで極めている。別名に「ジャック・ザ・リッパー」「ホワイトチャペル・マーダー」

なぜホワイトチャペル・マーダーなのかは、切り裂きジャックの事件が約2か月にわたりホワイトチャペルで売春婦を5人ばらばらに切り裂いたから

署名入りの名刺を新聞社に送りつけたりして、今の劇場型犯罪の元祖といわれている。

犯行は常に公共の場かそれに近い場所で行われた。被害者はメスのようなもので喉を掻き切られ、特定の臓器を摘出されていた。これらから、解剖学的知識があるとされ、医者説が濃厚らしい。もしくは肉屋。

こんな事件がおきても被害者の女性たちは警戒心無く犯人を招き入れていた。

ジャックというのは日本では「名無しの権兵衛」みたいな感じで、英語圏で名前の定まっていない男性を指す名前。

雷伝為衛門

元大相撲力士。本名「関 太郎吉」

通算的な勝率は254勝10敗2分14預5無勝負

身長197cm体重169kg左利きらしい。高い教養持ち主。酒豪として有名で、飲み比べで36リットルの日本酒を飲み飲み比べに勝った。なお、酩酊しなかった。

沖田総司

幕末の武士。新選組一番隊組長、撃剣師範。

一番隊は常に重要な任務をこなしたと言われている。

最後は病死したと言われている。この時近藤さんの死を知らないまま亡くなったともいわれてる。

沖田総司は若くして剣才があり、天然理心流の他、北辰一刀流の免許皆伝を得ていたともされる。

土方らも竹刀を持って稽古しても子ども扱いされたというほど沖田は強かった。本気で田恰ったら近藤さんも負けると言われたほど。沖田の稽古は相当厳しく、「刀で斬るな、体で斬れ」と教えてた説もある。

沖田総司の剣技で有名なのは「三段突き」。これは平正眼の構えから踏み込みの足音が一度しかならないのにその間に3発の突きを繰り出す。

いろいろな人から新選組一の剣客と言われていた。

性格はいろいろ説があり、いつも冗談を言って笑っていた陽気な人物で、子供たちともよく遊んでいた。ほかには残酷な人間といわれる説もあるらしい。

坂田金時

金太郎は幼い時の名前。絵本とかで言われてる有名な話とかですね。

源頼光の家来になったときに坂田金時に改名。頼光四天王の一人となる。

まさかりをもってクマの背に乗ってるイメージが強すぎる

始皇帝

中国初代皇帝

これくらいしかピンとこんかったわ。

結構波乱な幼少期だったらしい。

グレゴリー・ラスプーチン

長い名前だと「グレゴリー・エフィモヴィチ・ラスプーチン

奇怪な逸話に彩られた障害、怪異な容貌などと形容される。ロシア帝国崩壊の一因をつくった。

素行不良で粗暴な若者に育った。しかし巡礼に出た後は、熱心な修行僧となっていた。

宗教的なものが強い男。彼が祈りをささげると翌日その人の発作は止まっていた。「神の人」「聖なる人」などと呼ばれていた。熱狂的な信者が多くいた。

しかし最終的には「ロシアで最も嫌われる人物」になった。

彼は第一次世界大戦らへんで政治に影響力をもつようになった。

最後は暗殺されたという。彼は怪僧としてあがめられていた。青酸カリとか殴打されても死ななかった説もある。

シモ・ヘイヘ

フィンランドの軍人。「白い死神」と呼ばれた。スナイパーとしては確認しただけで542名射殺したと記録されている。愛称は「シムナ

武器はモシン・ナガンM28を使用。身長152cmのシモ・ヘイヘに対し、銃は120cm以上あったが、これを手足のように使った。しかもスコープを使用せず、銃身の照門と照星だけで狙撃を行った。これは銃の軽量化とスコープによる光の反射を嫌ったためらしい。実際に相手側のスコープの反射に気付き撃退した話もある。

射撃訓練では150mの距離から1分間に16発の的中に成功したという逸話もある。

300m以内なら確実にやれる。最長で450m以上の距離から狙撃したこともある。的中率は確実に当たる場面でしか打たないので100%だったとされる。

殺戮の丘ではKP31サブマシンガンを使い200人以上、非公式では542人以上殺害したと言われている。

最後は敵軍に顎を打たれ負傷。この時「彼の頭は半分無くなっていた」というほど大けがを負った。そして一命はとりとめたが戦線への復帰はかなわなかった。そして戦争が終わり彼は猟師兼、猟犬の繁殖家として余生を送った。

ミシェル・ノストラダムス

フランスの医師、占星術師、詩人、料理研究の著作もしている。日本では「ノストラダムスの大予言」が有名だ。

医師としてもすごく、あたかも未来を先取りするかのような先進的な治療法のせいで、同僚の保守的な人と亀裂が生まれ博士号を取ったのに1年で辞職した。という説があるがここははっきりとはしていないらしい。

そして彼の予言はあたる。終末のワルキューレでも予言を駆使した戦いが見れるのかもしれない。

レオニダス王

300人の兵士と参戦し200万以上いる敵と互角以上に戦った。

この戦いでは、ギリシア7000の連合を率いて戦った。隘路であったためスパルタのファランクスは最強であり敵はうまく立ち回れず撤退させた。しかし内通者が裏道を教えたことによりギリシア軍は撤退を決定しかしスパルタ兵たちはスパルタの掟を守り最後まで残った。

朝が来て裏どりされ、スパルタ軍に投降するよう呼びかけられたが、レオニダスの答えは「モローン・ラベ(来りてとれ)」であった。

しかしレオニダスが倒れ彼の死体を巡り激しい戦いが繰り広げられた。ギリシア軍、スパルタ軍は優勢であったが、迂回してた敵が参戦してくると再び後退した。彼らは剣が折れても素手や歯で最後まで戦った。最後はそれを嫌った敵が矢の雨をふらせ倒した。

最後レオニダスは死体から首をはねられ晒し首にされたという

コメント

タイトルとURLをコピーしました